ダイエットのゴールデンタイムを知ろう!食事、睡眠、運動を最適にするポイントは?

ダイエットをしている人が願うことは、なるべく少ない努力で、効率良く結果を出したい。

実はそのためには、毎日の生活を送るためのポイントがあるんです。

同じことをしていても、なぜか結果が違うってことありませんか?

それは、外してはいけないポイントがずれているのかもしれません。

そして、ダイエットは短期間ですることではないですものね。

ダイエットに効果的、そして、これからもずっと続けられることを習慣にできることが、一番の理想だと思います。

食事・睡眠・運動のゴールデンタイムを知りましょう

一度ついてしまった脂肪を落とすのには時間がかかる。

そのためには、今後脂肪がつきにくい生活をしながら、脂肪を落としていくことが結果を出すための早道になります。

毎日のライフパターンを見直してみるのはいかがですか?

食事のゴールデンタイム

albumtemp

ダイエットで一番注目されるのが食事。

もちろん、脂肪がつきにくい時間帯に食事をするようにしたいですね。

脂肪がつきにくいとは、脂肪が燃焼されやすいということ。

脂肪が燃焼されて、エネルギーになりやすい時間帯は、交感神経が優位になり、カラダが活発になっている時間帯。

それは、ズバリ14〜16時です。

なぜ、14〜16時に食事をすると脂肪が溜まりにくいかというと、自律神経とカラダの中のBMAL1(ビーマルワン)に関係が。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つに分かれています。

カラダを活発に動かす昼間の時間帯は、交感神経が優位になり、カラダをリラックスさせたりする夜の時間帯は、副交感神経が優位に。

そして、BMAL1(ビーマルワン)とは、タンパク質の一種。

体内に刻まれている活動リズムが正常に機能するように調整をしてくれる。

脂肪を貯蓄させる働きがあって、その働きが最も少ない時間帯が、14〜16時なんですね。

脂肪がつきにくく、脂肪がエネルギーになりやすい時間帯。

だからと言って、1日1回で食事をするのは余計に脂肪を溜め込んでしまいます。

意識としては、14〜16時に近い時間ほど、脂肪になりにくいと覚えておくといいと思います。

1日をアクティブに効率良く動けるカラダのことを考えると、朝食は何かしら食べたほうがいいですね。

そして、お昼ご飯が一番食事のゴールデンタイムに近い食事。

栄養バランスも考えて、しっかり食べれる食事とも言えます。

そして、どうしても甘いものが好きな人っていますよね?

どうしても食べたい時は、「3時(15時)のおやつ」でどうぞ。

そして、夕食の時間はなるべくゴールデンタイムに近いほうがいいので、せめて20時までには食べ終わりたいもの。

この1日の食事の時間をしっかり意識してみてくださいね。

睡眠のゴールデンタイム

albumtemp

良質な睡眠や美肌のゴールデンタイムって聞いたことがありますよね?

何がいいかというと、次の4つのホルモンが分泌されるからなんです。

1. 成長ホルモン

骨や筋肉を成長させ、古くなった細胞を再生したり、体脂肪燃焼効果がある。

2. コルチゾール

代謝を促進し、睡眠中に体脂肪を分解、ブドウ糖を作り出して、

エネルギーに変換する。

3. レプチン

満腹中枢を刺激して、食欲をコントロールし、脂肪を燃焼する。

睡眠不足で自律神経のバランスが崩れと分泌が乱れ、

食欲のコントロールができなくなる。

4. グレリン

食欲を促進するホルモンで、レプチンの働きが乱れるとグレリンの分泌が

促進して、過食に走ってしまうことに関係がある。

具体的に時間をいうと、22〜2時の4時間。

最近の研究では、深い睡眠に入ってから3時間経つと分泌されると言われています。

それぞれのライフスタイルにあった時間帯で、設定するので良いでしょう。

できるだけ、決まった時間に寝て、決まった時間に起きる。

カラダの体内時計が整いやすくなりますので、オススメです。

運動のゴールデンタイム

albumtemp

ダイエットに欠かせないのが、運動というイメージありますよね。

どうせやるなら、効果的な時間帯にやりたいもの。

有酸素運動をして脂肪を燃やしやすい時間帯は、昼と夕方です。

なぜかというと、昼と夕方はエネルギー代謝が活発な時間帯。

このタイミングで有酸素運動をすると脂肪が燃えやすくなります。

有酸素運動ではありませんが、食後は寝たりするより、なるべく動きましょう。

立ち仕事をしましょうというぐらいです。

食後の少しの運動というか、行動をすることで血糖値の上昇を緩やかにできるとか。

つまり、とっても難しいことをやろうとするより、できる効果的なことをする。

健康とダイエットの両方に効果的なことを取り入れてみること。

長いスパンで計画的にコツコツ継続してやれることを習慣にしたいですね。

ちなみに朝のウォーキングは、わたしもやります。

しかし、目的が脂肪燃焼ではなくて、朝陽を見ながら歩くこと。

カラダを心地よく目覚めさせる目的で。

脂肪を燃やすためだったら、昼と夕方と思っていただけたらと思います。

せっかくなら、理想の生活サイクルを作りましょう

ダイエットをするというとわざわざのことに聞こえるけれど。

本来は、健康維持のために”コントロール”するって大切なことだと思います。

カラダをコントロールする。

心をコントロールするって・・・。

いつまで、今のような生活を続けますか?

わたしがわたしに問いかけた質問でした。

美容・健康の仕事をしながら、わたしは不健康なハードな生活をしてました。

その矛盾が、今度は心のコントロールに乱れが出る原因に。

わたしがやりたいことをやれないって普通に「嫌」ですよね?

何か、おかしいなって。

やりたいことができる人生にしないと人生は一度きりだから。

ダイエットだけはないですね。

なんでもそうだと思うんですが、ダイエットしたい人は、ダイエットしないといけなくなるような生活をしている。

乾燥肌で悩んでいる人は、乾燥肌になりやすい生活環境にいる。

また、保湿ができる化粧品のテクスチャーが嫌いだったり。

乾燥肌になるような生活をしている。

いい、悪いの話ではないですよ。

原因と結果ということです。

必ず原因があるということ。

その原因を変えずに、結果を変えたがるわたしたちがいるってこと。

でも、無理なんですよね。

わたしのカラダのことは、わたししか。

あなたのカラダのことは、あなたしか変えられませんので。

どうぞよろしくお願いします。

大切にしてあげてくださいね。

あなたの大切な人のために、少し知っておいたらイイ豆知識でした。

PAGE TOP