「長ねぎ」の選び方と保存方法など、意外と知らない豆知識!

ネギは薬味からメインのお料理まで幅広く欠かせない野菜のひとつです。

漢方では、白い部分を「葱白(ソウハク)」と呼んで、体を温めたて発汗作用で風邪のひき始めや、冷えからくる腹痛の理療に用いられたりする存在。

種類や保存方法を知って、お料理のバリエーションを増やしませんか?

長ねぎの選び方

albumtemp

「根深ねぎ」は、全体にみずみずしく、白い部分と緑の部分の境目がはっきりしているものを選びましょう。

また、白い部分は巻きがしっかりと固く、みずみずしいものが新鮮です。

「根深ねぎ」も「葉ねぎ」も、葉先までピンとしてハリがあるものがオススメですよ。

よく生育しているねぎは、葉の部分にロウのようなもので覆われていて、白い粉を吹いているように見えるものがあります。

長ねぎの仲間たち

日本全国で広く栽培され、一年中流通していますが、旬は11月から3月です。

主に、東日本では根深ねぎ、西日本では葉ねぎの流通が多くて、いろいろな品種を楽しめる野菜です。

根深ねぎ(ネブカネギ)

albumtemp

主に東日本で作られていて、白い部分が長い品種です。

生で薬味として使ったり、千切りにしたものは白髪ねぎと言われます。

煮ると甘く、トロリとした食感になって、鍋料理、炒め物、煮物に向いてます。

九条ねぎ(クジョウネギ)

albumtemp

京都特産の葉ねぎで、緑の部分が長くて、やわらかく、風味が良い品種です。

薬味や関西うどんの具にはもちろん、ぬたなどの和え物、鍋物やお好み焼きなどに使われます。

下仁田ねぎ(シモニタネギ)

albumtemp

群馬県の特産品のねぎで、太く肉質がやわらかい品種です。

加熱すると独特の甘みがあり、鍋物や煮物などの加熱料理に向いています。

小ねぎ(コネギ)

albumtemp

青ねぎを若採りしたもので、博多万能ねぎが有名です。

やわらかく、色も美しく、薬味やぬた、汁の実として適しています。

あさつき(アサツキ)

albumtemp

ねぎの仲間でいちばん細い上にやわからかく、色がうすいのが特徴です。

辛味が強くて、薬味に適しています。

リーキ

albumtemp

ポロねぎともいわれる西洋の品種で、白ねぎを太く短くした形で、白い茎の部分のみを食べます。

やわらかく、香りが良く、甘みがあり、グラタンや煮込みやスープに向いています。

長ねぎの保存方法

「根深ねぎ」は、新聞紙で包み、冷暗所で立てて保存します。

土がついているものは、土に埋めておけばさらに長持ちします。

使いかけの場合は、白と緑の部分で切り分けてからビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

「葉ねぎ」は、湿らせた新聞紙に包んで、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

また、両方とも、みじん切りや小口切りにして冷凍しておけば、薬味などにすぐ使えて便利です。

1ヶ月ぐらいは持ちますよ。

長ねぎの話

ねぎには、大きく分けて、根元の白い部分を食べる「根深ねぎ」と葉の部分を食べる「葉ねぎ」があります。

「根深ねぎ」は、主に関東で食べられていて、一般的には「長ねぎ」「白ねぎ」と呼ばれるもの。

土寄せをして、日に当たらないようにして、白い部分が多くなるように育てられています。

独特のにおいがあり、生食すると辛味がありますが、煮込むと甘く、トロリとした口当たりになります。

また、関西で多く食べられているのが「葉ねぎ」です。

以前は、「関東は白、関西は緑」と分かれていましたが、最近は地域を問わず使われるようになりました。

どちらも通年出回っていますが、「根深ねぎ」が冬、「葉ねぎ」は春が旬といわれます。

長ねぎの栄養の話

ねぎの白い部分に多く含まれるのはビタミンCで、緑の部分は、ビタミンCに加え、β-カロテン、カルシウムなどが豊富です。

また、独特のにおいをつくる硫化アリルという成分には、ビタミンB1の吸収を助ける働きがあるので、ビタミンB1が豊富な豚肉と一緒に食べるとさらに効果的です。

ねぎの辛味成分にはカラダを温める効果があるため、焼きねぎ湿布やねぎ湯など、風邪対策の民間療法として、古くから利用されてきました。

日本ふるさと屋Facebookページ

PAGE TOP